電池モジュールを搭載している太陽光発電

太陽光発電は電池モジュールを標準装備されていることから、毎月どの程度の利益を出せるかを計算することは可能です。
天候で大きな差が出たり、さらにはライフスタイルによってもその金額は異なってきます。

 

少し余裕のある太陽光発電システムを設置することによって、買電と売電の差額が0円になることも十分に考えられます。
つまり固定買取制度の売電単価から計算をしてみますと、買いと売りが逆転し、つまり利益を出すことが出来るのです。太陽光発電というのは売電分が全て利益になるということはありませんが、確かに収益が出るケースはよくあります。
しかしその利益がいくら出るのかは、天候や規模によりまして異なってくることからケースバイケースと言えるでしょう。 インターネットのサイトやブログを確認しますと、太陽光発電の広告を貼っているケースが多くあります。
それだけ世間的に注目がされているということで、販売価格も徐々に低下してきているのです。



電池モジュールを搭載している太陽光発電ブログ:20211128

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

ぼくも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
二日三日で
10kg〜10kgは簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べないダイエットを始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
体質にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の体質は良く出来ていて、
体質に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい体質に変化し、
一生懸命にダイエットしても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にライスを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなスナック菓子も食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもライスを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついにはダイエットを断念!
そして、リバウンド。

このように
食べないダイエットは、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい体質を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい体質になれるのです。

明日はいい日かな〜