太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額

最近町中を歩いていますと、太陽光発電を設置している自宅を見かける事が多くなってきていることがわかります。
不動産情報としまして、予め太陽光発電が設置しており、内部もオール電化の一戸建ても数多く存在しています。

 

太陽光発電におきましては全国的に普及されてきていますが、実際の数値を確認してみますと普及率はまだまだ低いことがわかります。
現在についきましては補助金制度によって安価で購入をすることが可能となっていますので、今のうちに太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか?太陽光発電の装置というのは、設置をする際の初期費用が高額となってしまいますが、最近におきましては性能が向上し、価格も低下してきています。
日中の電力需要ピークで節電することが可能で、さらに環境保護にも貢献することが出来る等メリットの大きな発電方法なのです。 一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか?



太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額ブログ:20211128

あたくしは、減量のために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事の減量までお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「減量」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「減量できない」
と考えてしまい、その結果
「食事の減量もやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
減量をやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、減量なんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「減量なんて体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりあたくしは減量なんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度と減量をやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、減量していたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任を減量に押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!