太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る

太陽光発電というのは屋内分電盤が家庭の各電気機器を使用することが出来るように、電力を分配していくこととなります。
さらに電力量計メーターというのは余って電力会社に買い取りをしてもらった電力や、不足をして電力会社から購入した分の電力を電力量計で計量することが出来ます。

 

太陽光発電の設置費用としましては150万〜300万円程度となっており、メーカーや請負業者などによって大きな差が生じます。
購入をする際には予め念入りな調査や確認を実施するようにしましょう。自宅の屋根の上に設置している太陽光発電システムの太陽電池モジュールによって、太陽の光を受け電気を作っていくこととなります。
ここで作られた電気というのは直流電力ですのでパワーコンディショナに送り、ご家庭で使用することが可能になるように交流に変換する必要があります。 貴方の住んでいる地域の公共施設や企業などの屋根に太陽光発電を設置している建物はありませんか?
このように太陽光発電が注目されており、地球温暖化対策効果も期待することが出来るのです。



太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作るブログ:20211123

ぼくは一ヶ月に数回、
二人暮らしの父母の元を訪ねます。

元気な顔を見るためや、
一緒に食べる事をするためということもありますが、
一番の目的は「お説教」をすること。

この3年の間に、
ママは2年続けて軽い脳梗塞を患いました。

そして、短期間の入院生活の間に筋肉はやせ細り、
あしやこしが急激に弱くなってしまいました。

当時、ママの看病を必死にしていたパパも、
大腸がんを患い、重度の糖尿病である体質にメスを入れました。

トラックドライバーとして
日々重労働をこなしていたパパも、
長い入院生活で
すっかり骨ばかりのあしになってしまったのです。

子供と同居していない父母にとって、
思うようにからだを動かせなくなったことは、
本当に痛手でした。

掃除、洗濯、買い物、今まで普通にできていたことが辛い。
だから動かない。
動かないからさらに筋肉、体力が落ち、もっと辛くなる。
そんな、どうしようもない迷い道に入りかけていました。

でも子供だからこそ厳しく言える優しさ。
体力を回復し介護を卒業してもらうために、
自宅での筋力トレーニングを父母にすすめました。

重い道具や高価な器具はいりません。
筋力が落ちてしまった父母には、
普段使っている座布団や枕だって、体操の道具になります。

椅子やソファーにこし掛けている時間も無駄にしません。
踵を床につけたまま両あしをそろえ、
つま先をグイッと上げたり下げたり…

一度やめてしまうと次やったときすぐ疲れてしまい、
続けるのを諦めてしまいます。
そんな時こそ、子供からの愛情たっぷりのお説教です。

こんな小さな体操でも積み重ねることで、
ママは杖を、パパは半寝たきりを卒業することができました。